おけら酒場

ギャンブルと酒場を愛する、中年男の手記

武蔵小杉 割烹こすぎ

武蔵小杉はブルーカラーが集う、赤提灯とピンクの街であった。夜になると呼び込みのお兄さんや、目つきの悪い人が出現し、周辺で育った私にとっては近づき難き印象が残っている。近年は、タワーマンションが林立、ショッピングセンターが3つ出来、住みたい街ランキングで上位に挙げられるほどになりました。

そんな街に一画、名残を残しているのがセンターロードという横丁です。

f:id:hatori_ichi:20171101225650j:plain

現在でも赤提灯の安酒場が数件残っています。

f:id:hatori_ichi:20171101225810j:plain

今夜は『割烹こすぎ』に入りました。

割烹 こすぎ

激安酒場で有名な中目黒の大樽の系列店。ビール大瓶500円、チューハイ200円は魅力的。

f:id:hatori_ichi:20171101230158j:plain

仕切りなく、テーブルをギュウギュウに詰め込んだレイアウト、酔客の声で音声が聞こえないTV、外人女性5名が忙しくホールを切り盛りする姿。どれをとっても都会から遠く離れた場末の雰囲気。味がありますね。

また、グラスが空いても注文を取りに来ない、皿が空いても下げない、客に関せずなところも気楽で良いです。

f:id:hatori_ichi:20171101230729j:plain

サンマ塩焼き 170円。 冷凍だがこの値段は嬉しい、醤油を掛けてしばらくすると味が染みて美味しくなります。

f:id:hatori_ichi:20171101230934j:plain

タン塩、シロタレ。 うーん固すぎ。

 

ドリンクは、生ビールとレモンサワーを各1杯。

 

滞在時間1時間。いつもより時間が経つのが早く感じた。居心地が良かったのだと思う。

 

【本日のお会計】

さんま塩焼き

タン塩×2本

シロタレ×2本

生ビール×1杯

レモンサワー×1杯

 

合計 1,360円也

 

割烹 こすぎ

住所 :川崎市中原区小杉町3-430-1

営業時間 :15:00~24:00(月~木)

      14:00~翌2:00(金~日)

定休日:なし