おけら酒場

ギャンブルと酒場を愛する、中年男の手記

平間 焼肉北京

驚愕の焼肉 北京

11月4日。南武線 平間駅にある北京で、後輩2人と食事。

 事前にネットの情報を何度かチェックし、当店のルールを覚え、頼み方をシミュレーションし、当日、開店45分前に並びました。

ルールとは、焼肉の追加注文ができないというのが主なところ。

それ故、失敗の無いよう、入念にオーダーを組み立てました。

その甲斐あって、満足のいく焼肉を適量で楽しめました。

 

30代男性×2名、40代男性×1名 メニュー注文例

●上ロース塩焼き×2人前

●上ロースタレ焼き×2人前

●上タン塩×1人前

●赤ロース×1人前

●上ミノ×1人前

●キャベツ×1人前

●ナムル×1人間

f:id:hatori_ichi:20171105081533j:plain

上ロース塩焼き 2人前(通常の4人前ほど)

柔らかいステーキをスライスして食べるような贅沢なお肉。

周りのテーブルも皆、このお肉を注文していたので、これが看板メニューのようです。

柔らかく、ジューシー、この上無い塩加減、これはヤミツキになります。

f:id:hatori_ichi:20171105082222j:plain

上ロースタレ焼き 2人前 (通常の4人前ほど)

ネットの投稿では、ロース塩焼きに人気が集中していたが、タレも食べておきたいと所望したお肉。正解!特製甘辛タレに漬け込んだロースも、塩とは一味違う美味しさ。

肉とタレの甘味が噛むたびに口に広がります。

f:id:hatori_ichi:20171105082737j:plain

赤ロース×1人前 (通常の2人前)

脂の少ない赤身肉。しっかりとした噛み応えのサッパリしたお肉。

脂っこいものが苦手な方は、赤ロースを中心に組み立てるのも良いと思いました。

 

どれを食べても、最上級のお肉。ご馳走様でした。

 

店内の壁には、当店を訪れたプロ野球選手、サッカー選手、ボクサーなどアスリートの写真が一面に貼られています。なるほど、アスリートや一般の方が、遠方から来る価値は間違いなくあると感じました。

 

特上焼肉を、並焼肉を値段で食べられる、コスパ抜群の焼肉屋でした。

 

北京

住所:川崎市中原区上平間1700-36

営業時間:17:30~21:30

定休日:木曜日

※予約不可 ※喫煙可

 

 

 

 

 

 

 

立会川 いっぱちや

f:id:hatori_ichi:20171103195748j:plain

立会川駅前 いっぱちや

やきとんが美味しい「いっぱちや」で、先ほど購入したJBCクラシックを観戦。

f:id:hatori_ichi:20171103200011j:plain

大井競馬所属の、千田ジョッキー、山崎良ジョッキーが本開催の騎乗を終えカウンターで飲んでいました。隣に座り、先週のボートダービーの話しなどをしながら、TVでJBCクラシック観戦。残念ながらレースはハズレましたが、お二人の好青年と、ざっくばらんにお喋りできて楽しかったです。

f:id:hatori_ichi:20171103201243j:plain

タン塩  絶妙な塩加減、噛むと広がる甘みと旨味。 

f:id:hatori_ichi:20171103201424j:plain

テッポー タレ 大ぶりの身は、噛むほどに旨味が滲む。

f:id:hatori_ichi:20171103201701j:plain

豚肉とキクラゲの卵炒め 豚肉とキクラゲがたっぷり入った卵炒め。炒め過ぎない卵が美味しい。

 

いっぱちやは、安くて美味しい、しかも繁盛店にも関わらず、店員さんが気さくで親切。立会川のおススメ居酒屋です。

【本日のお会計】

生ビール×1

ウーロンハイ×3

タン塩×2

テッポー×2

豚肉とキクラゲの卵炒め×1

 

合計 1,620円

 

 

いっぱちや

住所:品川区東大井2-23-1

電話:03-3765-8181

営業時間:16:00~23:00

定休日:土曜日

 

 

 

 

 

 

 

 

JBC観戦

f:id:hatori_ichi:20171103193041j:plain

大井競馬場12時着! 2Rから参戦!

今日は競馬の祭典JBC。加えてJRAの馬券も発売しているので、競馬ファンにとってはいつもより盛り上がる大井開催。また、3連休初日、秋晴れで、カップル・ファミリーにとっては格好のレジャースポットに。

f:id:hatori_ichi:20171103193517j:plain

パドックには家族連れが多く、幼児にどの馬が良く見えるかを聞いているお父さんが多かったです。我が子の直感で一攫千金狙いか。

f:id:hatori_ichi:20171103193857j:plain

飲食店はどこも大盛況。LWINGの2Fにある柏屋で食事。

f:id:hatori_ichi:20171103194222j:plain

ラーメン 520円

冷凍麺、出来合いのスープ、しかし旨いんです。

柏屋は、神奈川エリアに展開する老舗立ち食い蕎麦チェーン。

短時間で作り上げるラーメンは完成された味でした。

スープは醤油系のサッパリ味、麺は細麺ストレート、具材はチャーシュー、ワカメ、ナルト、メンマ、海苔。特徴は薄いがバランス良く美味しい。2杯は食べられる。

f:id:hatori_ichi:20171103194949j:plain

中央からスタージョッキーが来ている中、

風格のある存在感が際立つ “レジェンド!的場文男

 

2R~8Rまで購入も一つも当たらず、9RJBCクラシックの馬券を買って、大井競馬退場。

 

【本日の結果】

18,600円購入 ⇒払い戻しなし (-18,600円)

 

 

 

 

 

武蔵小杉 割烹こすぎ

武蔵小杉はブルーカラーが集う、赤提灯とピンクの街であった。夜になると呼び込みのお兄さんや、目つきの悪い人が出現し、周辺で育った私にとっては近づき難き印象が残っている。近年は、タワーマンションが林立、ショッピングセンターが3つ出来、住みたい街ランキングで上位に挙げられるほどになりました。

そんな街に一画、名残を残しているのがセンターロードという横丁です。

f:id:hatori_ichi:20171101225650j:plain

現在でも赤提灯の安酒場が数件残っています。

f:id:hatori_ichi:20171101225810j:plain

今夜は『割烹こすぎ』に入りました。

割烹 こすぎ

激安酒場で有名な中目黒の大樽の系列店。ビール大瓶500円、チューハイ200円は魅力的。

f:id:hatori_ichi:20171101230158j:plain

仕切りなく、テーブルをギュウギュウに詰め込んだレイアウト、酔客の声で音声が聞こえないTV、外人女性5名が忙しくホールを切り盛りする姿。どれをとっても都会から遠く離れた場末の雰囲気。味がありますね。

また、グラスが空いても注文を取りに来ない、皿が空いても下げない、客に関せずなところも気楽で良いです。

f:id:hatori_ichi:20171101230729j:plain

サンマ塩焼き 170円。 冷凍だがこの値段は嬉しい、醤油を掛けてしばらくすると味が染みて美味しくなります。

f:id:hatori_ichi:20171101230934j:plain

タン塩、シロタレ。 うーん固すぎ。

 

ドリンクは、生ビールとレモンサワーを各1杯。

 

滞在時間1時間。いつもより時間が経つのが早く感じた。居心地が良かったのだと思う。

 

【本日のお会計】

さんま塩焼き

タン塩×2本

シロタレ×2本

生ビール×1杯

レモンサワー×1杯

 

合計 1,360円也

 

割烹 こすぎ

住所 :川崎市中原区小杉町3-430-1

営業時間 :15:00~24:00(月~木)

      14:00~翌2:00(金~日)

定休日:なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほろ酔い加減で、豚星。 

飲んだ帰り、家の近所にある人気ラーメン店「豚星。」に寄りました。

f:id:hatori_ichi:20171031232831j:plain

全国屈指の人気店。現在、ラーメンデータベースというランキングで堂々2位。

最寄りの東横線元住吉駅から徒歩10分の恵まれない立地ながら、常に席を埋めている。

f:id:hatori_ichi:20171031233405j:plain

ミニラーメン  700円  私にとっては特盛サイズ。

目の前に置くと、ニンニクの強い香りが鼻をつく。

f:id:hatori_ichi:20171031233621j:plain

麺を掬い上げた瞬間、ズッシリと重みを感じ、早くも完食は諦める。

f:id:hatori_ichi:20171031233828j:plain

豚星。 という屋号だけに、トロトロに煮込んだ豚肉が旨い!!

f:id:hatori_ichi:20171031233925j:plain

写真中央の寸胴で、グツグツと煮込んでいる。

 

豚星。の感想

一度目も今回も、ミニラーメンでさえ半分も残してしまった私が言うのは、憚れますが、豚星のラーメンは味に確固たる特長があり、コストパフォーマンスが高いと感じます。味の特徴は荒々しさにあり。油分・タレ・ニンニクそれぞれが主張し合いながら適度に調和しています。そして、手間を掛けた煮豚がたっぷりと入っている点にお得感を感じます。

「二郎系のガッツリ味、ボリュームはしんどい」というのが食わず嫌いな方の意見であろうと思います。しかし、巷で流行っているものには理由あり、それを体験しないのはもったいないですから、完食しないでも良いという気楽な気持ちで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

豚星。

住所:川崎市中原区木月4-5ー20

最寄り駅:東急東横線 元住吉駅 徒歩10分

営業時間:11:00~24:00

定休日:日曜日

 

 

 

平和島 おけら酒場

もやもや気分で平和島呑み

返す返すも、11Rの57,000円を取り損ねたのには気分が収まらない、、

あー、何で久田はフライングをしたんだ。少しやけ酒だ。

 

帰り道にあった、区民酒場に立ち寄る

f:id:hatori_ichi:20171028202755j:plain

「区民酒場」という店名に惹かれて暖簾をくぐる。

同じような名前で「市民酒場」というのがある。戦時下、横浜市がヤミ値で販売される酒場を統合する目的で管轄した時代のもので、今でも昔の佇まいを残した3軒が実在している。

 そんな期待で入った瞬間、あーミスった違うじゃん。しかし、気の弱い私は言われるまま立ち飲みスペースに促される。

横浜新子安にある「諸星」のような老舗店を期待していたが、この店は最近開いたような、しかも自宅を改造したような無味な店で、かの店とは全くもって違っていた。

悪いことは重なるもので、狭い店内を把握すると先客は地元のマイルドヤンキー5人と、くだまき爺さんの2組なのです。若者は限られたテーブルを占拠し下ネタを、常連らしい爺さんはテーブル席に座れず、その怒りの呪詛を繰り返している。その間に挟まれた形で飲むことになったからたまらない。爺さんは、「クソガキぶっ飛ばしてやる、俺を誰だと思っているんだ」を、ヤンキーに聞こえるか聞こえないかの声で、延々繰り返す。やるせない気持ちになって早々退却する。踏んだり蹴ったりな日である。

 

自棄っぱちな気持ちの中、最高の店に出会う。「あきば」

f:id:hatori_ichi:20171028210124j:plain

ついていない日は早く帰ろう、でも、もう少し飲みたいなと、前から気になっていたが敷居が高そうな「あきば」に飛び込む。

f:id:hatori_ichi:20171028210242j:plain

うなぎのテイクアウトと食堂を兼業している10席ほどの個人店です。

いつも混んでいるが、運よく空いていて端の席が空いていた。

f:id:hatori_ichi:20171028210448j:plain

熱燗でスタート。 1杯220円♪

f:id:hatori_ichi:20171028210519j:plain

うなぎ串 1本180円

炭火で焼いた、本格うなぎ串、旨い!おかわりしたいが色々調べたいので違うものを。

f:id:hatori_ichi:20171028210834j:plain

さっぱりみょうが、お新香 各180円!!

「さっぱりみょうが」は、みょうが・きゅうり・大根のカツオ醤油和え。香りが良くさっぱりして旨い。絶品です!!

「お新香」は糠漬け。家庭的な味でほっこりする。

f:id:hatori_ichi:20171028211313j:plain

ねぎま、ホタテ串のタレ焼き。うなぎと同じタレで焼いてます。

これも旨~い!もはや何を食べても旨い店だ。うれしいな~。

f:id:hatori_ichi:20171028211456j:plain

 

〆に「ちゃんこ鍋」 180円

蟹、つみれ、里芋、豆腐、ネギなどがたっぷり入った贅沢な汁椀。

 

激安!激うま!タバコも吸える!私には最高の店です。平和島競艇にくる楽しみが増えました。最後に少し得した気分になりました。

 

※トイレもあります。

 

本日のお会計

熱燗×2杯

うなぎ串×2本

お新香×1皿

さっぱりみょうが×2皿

ホタテ串×1本

ねぎま×1本

ちゃんこ鍋×1杯

合計 1,880円也

 

【あきば】

住所:大田区大森本町2-32-1

営業時間:不明

定休日:日曜日